FC2ブログ

つばた森林浴リレーマラソンのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年は緑化の広場です

先日から参加者募集が始まった『第2回 つばた森林浴リレーマラソン』なんですけど、今年は4月くらいから企画会議が始まっておりました。

写真9


今年は第2回ということもあり、前回大会を超える充実した大会を目指そうということで、色々な意見を交わしております。


前回からの大きな変更点といえば、会場とコースが変わりました。


前回は南口運動広場というところからインフォメーションセンターの裏を通り、中央林道という道を折り返してきてのコースでしたが、今年は『緑化の広場』がメイン会場となって、その会場の周回コースとなります。

距離は昨年同様、一周2.1キロです。


実は前回の大会の構想段階でもこの緑化の広場の周辺の案は出ていたんですね。

ただ、その際に駐車場問題や通行止めの問題などがあり、開催実績もない素人集団では不安だということで許可が下りなかったんですね。


ただ、今回は様々な団体の協力を得て、緑化の広場のコースが実現できました。


我々としましては、どちらかというとこの緑化の広場周辺の方がコースも広くとれるし、清々しい雰囲気ですし、想定していたイメージに近かったので、今回は念願がかなったという思いです。


もちろんこれからも準備するにあたって、クリアしなければならないこともあるんで大変っちゃー大変なんですが、やり甲斐をもって取り組めそうです。

写真10

コースを考えるのも楽しくやっております。

写真11

ま、ちょっと昨年よりは高低差があるような気もしますが、タスキを繋いで仲間の団結を深めながら、楽しく走れると思えば、小さな問題でしょう。(たぶん)


多少、手前味噌ですが、こんな自然豊かなコースは他の大会ではない特色かと思います。
ぜひ多くの方に参加していただいて、仲間と楽しく走ってもらいたいなと心の底から思います。

よろしくお願いいたします。





スポンサーサイト
  1. 2014/06/21(土) 18:46:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二回つばた森林浴リレーマラソンの参加者の募集開始しました。

こんにちは。
津幡町商工会青年部です。


我々、津幡町商工会青年部は、津幡町にもっと多くの方の来てもらいたいという想いから、昨年の10月に森林公園にて「第一回つばた森林浴リレーマラソン」を企画し、実施いたしました。



とはいうものの、我々はそういったイベントの企画・運営に関しては、知識も経験も少ないズブの素人集団ですし、
三度の飯より走ることが好きな連中なのかと問われれば、ほとんど全員が飯の方が好きと答える、食いしん坊の運動不足集団です。


誇れるものといえば、「津幡町を盛り上げたい!」と思う、熱い情熱だけです。


そのアツい想いを胸に、非常に短い準備期間を四苦八苦しながら、そしてたくさんの方々に協力してもらいながら実現した、手作りのような大会です。


おかげさまで昨年は52チームの参加があり、大会に参加していただいた沢山の方々にも喜んでもらえたと思っております。


そんな我々の情熱を込めた大会が今年も開催される運びとなりました。


開催日は9月7日(日曜日)

場所は石川県森林公園の緑化の広場となります。


本日から参加チームの募集も開始いたしました。


自然あふれる緑の中で、友達や職場のお仲間と一緒に楽しく絆を深める爽やかな大会であると思っていますし、そうなるように我々も最大の努力をしたいと思っています。


第2回 つばた森林浴リレーマラソン

今後このブログにて、我々の活動などを報告していきたいと思っておりますので、ブックマークやお気に入りなんぞに追加していただけると凄く嬉しく思います。


たくさんのご参加を心よりお待ちしております。
よろしくお願いいたします。











  1. 2014/06/18(水) 16:01:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

つばた森林浴リレーマラソン

Author:つばた森林浴リレーマラソン
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。